利根運河を走る

利根運河は、千葉県柏市、流山市、野田市を流れる、利根川と江戸川をつなぐ一級河川の運河で、日本初の西洋式運河です。江戸時代の銚子から江戸への舟運のルートは、利根川中流部の関宿(せきやど)を経由するかなり遠回りのルートでしたが、利根運河のルートは小さい船のショートカットとして使われました。明治時代になると明治政府が本格的な運河として、オランダ人技師のムルデルを招聘し、大工事を経て大きな船も通過できるように改修し、明治24年には年間の通過船舶数は約37,600隻に達したそうです。関宿を通過するより6時間短縮され、銚子から東京までの舟運時間は18時間になったそうです。しかし、銚子から東京までの鉄道の総武本線が明治30年に開通すると、銚子・東京間の鉄道輸送時間は4時間と大幅に短縮されたため、利根運河を使う舟運は急激に衰退し、洪水の問題も発生したため、昭和10年台に運河としての役目を終えました。

利根運河の長さは約7kmで、両岸の堤防上を自転車で走ることができます。水量の割には高い堤防は独特の風景を作り、舟運で栄えた時代を想像させてくれます。

この日は、利根運河の近くの野田市内のキッコーマンしょうゆの工場見学を楽しみました。約1時間の工場見学のあとで、しょうゆソフトクリームやおしょうゆを使った軽食も楽しめます。1日6回の工場見学は事前の予約が必要ですが、この日は朝に電話(04-7123-5136)して予約がとれました。

Write a comment

Comments: 0