晩秋の風景

利根川の鮭の遡上数がそろそろピークかと思い、現場を様子を見に行きました。利根大堰の魚道の観察窓からはちらっと鮭が見えたものの日没前の時間帯が悪かったのかほとんど観察できませんでしたが、利根大堰から少し下流の河原の浅瀬で産卵行動(たぶん)の鮭の群れが見れました。それら鮭は、銚子からの100キロを超える遡上で、大堰の魚道を上る力が尽きてしまったのでしょうか? 近くには、力尽きて岸や水底に死んでしまった鮭が見られました。生をつなぐためのひたむきな鮭の遡上の光景は心に染み入りました。

吉見町の水源の一つの八丁湖の紅葉が始まりました。16日から24日までヒーリングナイトと称して夜間の紅葉狩りのイベントが行われており、湖の東側がきれいに紅葉しています。

自宅の北側の植木畑のドウダンツツジが真っ赤になりました。宅地への転換ができない生産緑地地区に植えられた植木ですので、これからもずっと毎年の紅葉を楽しみにしています。

Write a comment

Comments: 0